seltie セルティ

ブログ
2014/02/13

『mame(マメ)』お取り扱いSTART

本日より弊店にてお取り扱いを始めましたブランドのご紹介です。


    マメ【 mame 】日本

デザイナー:黒河内 真衣子(くろごうち まいこ)
2005年、文化服装学院在学中にJEUNES CREATEURS DE MODEの2005日本代表となりパリ本選にて各国最優秀賞を受賞。
2006年、株式会社三宅デザイン事務所に入社。A-POCの企画として様々なプロジェクトに携わる。
イッセイミヤケ パリコレクションの企画デザイン担当を経て独立。
2010年、黒河内デザイン事務所設立、自身のブランド「mame(マメ)」を立ち上げる。
デザイナーの黒河内 氏は、長野県出身。
僕は3シーズンにわたり展示会にお邪魔して、ようやくお取り扱いを始めさせていただきました。(1シーズン拝見してその場で決断する事が多いのですが)
もはや数多くの全国のSHOPでお取り扱いがされており、弊店はかなり出遅れてのSTARTとなりましたが、今回から始めさせていただくに踏み切れた一番の理由はバランス。
素材やデザインだけでなく、価格帯のバランスも素晴らしいです。
黒河内 氏は僕とほぼ同じ歳。(恐らく学年は黒河内 氏の方が一つ上になりますが)
25歳で独立し、今回が7シーズン目の『mame』
僕も25歳で独立し、今回が7シーズン目の弊店『Seltie』
(デザイナー、店の代表との違いは大いにありますが)同年代でこの業界で戦っている人はまだまだ少なく、特にデザイナーでこのような規模でやられている方は稀だと思います。
歳から言うとほとんどスタートラインは一緒だったはずなのに、僕なんかは本当に恥ずかしいくらいです。。。
心の底から凄いなと思います。
黒河内 氏の去年のインタビューもお時間がありましたら是非ご覧下さいませ。
その7シーズン目となる2014年春夏コレクションは「personal memory」がテーマ。
黒河内 氏が、長野の山奥で祖母と過ごした日々をインスピレーションとし、実際に祖母のところに2週間程訪れて、昔の思い出を胸に祖母と共に過ごしたとのこと。
(撮影場所も実際の場所とお聞きしました)
早速入荷商品を簡単にご紹介致します。
袖切替ニット  ¥39,900- (tax in)


タッセル付 Vネックワンピース  ¥36,750- (tax in)
フレアスカート  ¥29,400- (tax in)
ラグランTOPS  ¥19,950- (tax in)

レース刺繍Tシャツ  ¥29,400- (tax in)
ビニールショルダーBAG  ¥55,650- (tax in)
同じ長野県生まれとして少しずつでも応援していきたいと思いますし、
と同時にせっかく同じスタート地点から始まったわけですので僕は負けっぱなしではなく少しでも追い付けていけますよう精進致します。


本日から店頭に並んでおります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。




PS、明日は、本日入荷致しましたこちらも今シーズン相当素晴らしい『AKIRA NAKA』をご紹介致します。お楽しみに。

Seltie 宮下

2013/11/28

STEELCRAFTの腕時計 (Xmasにオススメ!Vol.02)

今シーズン(8月)よりお取り扱いを始めさせていただきました『STEELCRAFT』の腕時計。

紹介したいしたいと思いながらも全然BLOGを書けずに早数ヶ月。。。一度もご紹介をしていなかったので本日がっつりご紹介させていただきます。


『STEELCRAFT』:スイスにて10年以上にわたりフランクミュラー等(ラグジュアリーウォッチグループ)のデザイナーやディレクターとして活躍し、2010年に独立したJULIEN MOTTAZ(ジュリアン モタ)によるブランド。
“最高のクオリティ、永く愛せる腕時計をより多くの人が楽しめるようにすること”をコンセプトに誕生。
カジュアルウォッチというカテゴリーの中で最高のスペックを要したデザイナーズブランドウォッチです。
JULIEN MOTTAZ(ジュリアン モタ)
僕自身、ずっと腕時計を販売したいなぁ〜と思っていたももの、
アンティーク、高級時計、機能性がなくデザイン性だけが優れている時計・・・・正直どれもピンっとこなく、なんだかなーと思っていた時に、たまたまお知り合いだったメーカーさんにご紹介されたのが『STEELCRAFT』。


出会った瞬間に「あっこれだ!」と思いました。
僕がこのブランドに惹かれた理由はそのデザイン性とクオリティ。
腕時計業界だとカジュアルでお手頃なカジュアルウォッチ、そして高級時計。
その2種類がメインとなり、STEELCRAFTの50,000円〜70,000円という価格帯は今までになかった(売りにくかった)ラインに位置します。
安いに越したことはないが、クオリティは落ちる。
高ければクオリティは間違いなく良いに決まっているが、やはり高い。
STEELCRAFTの魅力は安く(手が届く価格帯)、高級時計並のスペックを持っていること。
そのスペックを簡単にご紹介しますと、、、
・部品製造及び組み立ては全てスイス国内で一貫生産(スイスメイド)
・スイス製クォーツムーブメント
(スイスの2大ムーブメントブランドの一つ、RONDAのムーブメントを採用)
・316Lステンレス
(医療用ステンレスとしても使われている、局部的な腐食にも更に強くするために開発された316Lという素材を全てに使用。このステンレスはパネライ、ゼニス、ブライトリング、カルティエ、ウブロ等の高級時計にも採用されております。)
・乱反射防止K1クリスタルガラス採用
(見た目の高級感だけでなく、光の乱反射を抑え、強い光の下でも優れた可視性。更に無反射コーティングにより真夏日やスキー場でも確かな視認性を発揮)
・ナチュラルラバーベルト(天然ゴム)
(ビジネスシーンでもカジュアルにも合わせやすいデザイン。腕にゴムの匂いがつくこともなく、変色もほとんど致しません)
・アップライトインデックス
(時計デザインの顔となる文字盤は美しさと精密さを兼ね備えています)
・通常は一つのパーツで構成されることの多いウォッチ本体のデザインをいくつものパーツで形成。立体的なデザインを演出。
・計算されたラグの角度
(大きな特徴であるビックフェイスの時計が不思議な程、腕にすっきりと馴染みます。工業デザインを数多く手掛けたデザイナーだからこそ、計算しつくした構造を生み出せます)

STEELCRAFTの時計は全て10気圧防水
2年間の保証も付いております。
等々です。
そこで疑問なのが、<間違いのないスペックを要して、なんで手の届く価格なのか?>
それこそが冒頭でもご紹介をしたコンセプト、

“最高のクオリティ、永く愛せる腕時計をより多くの人が楽しめるようにすること”
デザイナー曰く、
「 価格設定というのは非常に難しい問題ですが、STEELCRAFT は利益の為だけに価格をあげる事はしません。 STEELCRAFT と同じクオリティ・もしくは低いクオリティの時計で、STEELCRAFT よりも 高い値段で販売をしているブランドもあります。(信じられないくらい高いものもあります) STEELCRAFT は高い質の素材・商品を、嘘をつく事のない価格で提供しています。
(細かくいえばブランドネーム代やデザイン費といったものに上乗せした価格をつけていません。)」
本当に良いものを多くの方々に付けて欲しいという気持ちそのものが表れていると思います。
メーカーさんがお取り扱い前に僕に話してくれたこと、、、
「買われる方は、高級時計を身に付けている方で普段のお仕事ではなかなか付けれる事が出来ない、だけどカジュアル過ぎる時計じゃダサイ。
そこで、クオリティにも満足のいくSTEELCRAFTを買われる。
買われる方は2本目も買うし、1人平均して3本は皆さん持っていますよ。」
『(いやいやいやいや絶対嘘っしょ。えっ本当に〜!?)』
そんな気持ちと素直にデザインが気に入ったので、8月に私宮下も購入しました。
初めはちょっと重いなぁ〜っと思っていたのですが、今ではこの重さがよくなります。
(皆さんそうおっしゃるそうです。”あるある”)
仕事柄、結構乱暴に扱います。壁に結構ぶつけたりします。(荷物運んだりとかもあるので)
周りのステンレス部分には薄い傷が付いておりますが、
クリスタルガラス(ドームガラス)には本当に傷が付かない。今でも美しいまま。
(落とすのは危ないらしいです)
10気圧防水なので、水も余裕。
それから「ラバーベルト」にも初めは抵抗があり、レザーとかの方がいいじゃんとか思っていましたが、
デザイナー曰く、
世界中の人々に着けてもらう事をイメージしてラバーベルトを採用しています。
日本をはじめ湿気の多い国や雨の多い国では、レザーベルトでは劣化が大きくでてしまいます。
また、ステンレスベルトでは耐久性はありますが、高品質のステンレスでは価格が理想と合いませんし、万が一交換をするとなっても代金が高くなってしまいます。
その分、ラバーベルトは劣化が少なく、交換代も安く維持費がかかりません。そのうえアレルギー性も低いです。
中東などの金銭的にも高級時計が買えない方でも手が届き、非常に扱いやすいベルトとなっています。 世界中の人々がもっとも着けやすいベルトは STEELCRAFT が採用しているラバーベルトです。
ちなみにラバーベルトには独特の甘い匂いがついており、理由は「ほとんどのスイス製ラバーベルトには、バニラの香料が含まれています。 理由としてはゴム独特の匂いを消すためと、汗や体臭などでベルトが臭くなる事を防ぐ効果があります。
だそうです。
決してぶれないコンセプトと、嘘偽りのないデザインやクオリティは当たり前とは思いながらもやっぱり素晴らしいです。
僕が2ヶ月くらい使って思った事、、、、

これ2本目、100%買う。
お使いいただければお分かりになりますが、メーカーさんの言う通り1人平均して3本買っちゃいます。それくらい良いです。(コレ本当に)
店頭では既にご紹介しているのですが、
現在店頭には5本のみお取り扱いをしておりますがカタログがございますので(たくさんありますのでどんどん差し上げます!)
そこからお選びいただき、客注(お取り寄せ)も1本から承ります。
(特別な料金等は一切かかりません)
僕は次、オールブラックのを買おうかと・・・。
Ladies’モデルもございます。
そんなわけでもちろんXmasにもオススメですし、むしろ年中オススメの腕時計です。
時計はオリジナルのケース付きなのでギフト用にも◎。
重要なことを書き忘れましたが、お修理(電池交換)等ももちろん承りますのでお気軽にお申し付け下さい。
(もともと電池寿命も長いですが電池交換は2000円で可能です。他基本有料ですが安心して末永くお使いいただけます。)
本日はかなりのゴリ押しをしましたが、お使いいただければ必ずお分かりいただけます。
まだまだお取り扱いも少ないのですが、もっともっと増えてほしいなとは思っております。
あんまり増えると嫌ですが・・・・
他、ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
ちなみにこのBLOG、一昨日に1時間以上かけて書いたのにまさかの消去→保存してしまいリベンジ。今日も1時間以上かかってました・・
Seltie 宮下

2013/11/24

『ANALOG LIGHTING』のご紹介。

当店では今シーズンからお取り扱いが始まった・・・

『ANALOG LIGHTING』

デザイナー 山本 威史 (Takeshi Yamamoto)

1999年、日本にて設立。

創業時はメンズ山本 威史(Takeshi Yamamoto)が創業。創業時はメンズウェアからスタートした。山本威史はブランド設立前、店舗内装の仕事をしており、独学でファッションを学ぶ。プリントTシャツ、ワークウェアの展開からスタート。

ブランド名の「アナログ ライティング」は「アナログなものに光を当てる、あなろぐいなものを作るんだ」というろころに「あなたのロクデなさに光を!」という意味を加えたもの。

2001年、レディースコレクションをスタート。
2003A/Wシーズンにはロンドンでファッションショーを開催。
2007A/Wパリにてコレクションを発表。
【Men’s】
13AWシーズンのテーマは『BACK TO STREET』
見た目は誰もが知っている普遍的なデザイン。ベーシックだが、手にとったとき・着用したときに新しさがあり大きなギャップを生み出すというテーマ。
『ANALOG LIGHTING』ファー付きメルトンモッズコート (カーキ)
『ANALOG LIGHTING』メルトンモッズコート (ネイビー)
『ANALOG LIGHTING』ダウンベスト
『ANALOG LIGHTING』PILE SWEAT PARKA
『ANALOG LIGHTING』LEE復刻デニムパンツ
『ANALOG LIGHTING』30’s スラックスパンツ
Men’sは今シーズンのテーマにもあるようにベーシックではありますが、細かい所にこだわっているアイテムが揃っております。
オススメはやはりモッズコート。
内側はフリース素材というだけでも保温性が高いのに、更に取り外し可能なボアが付いています。
これだけの防寒性を兼ね備えたアウター・・・暖かい事、間違いありません!!!!
【Ladies’】
2013AWシーズンのテーマは『A.S.A.F』(ANALOG SALVATION ARMY FASHION)
Salvation Army(救世軍):軍隊式の規律や組織、階級、制服、徽章、軍旗等を採用している慈善事業。キリスト教の教えを基本にしている。
『ANALOG LIGHTING』NYLON JACKET
『ANALOG LIGHTING』TEDDY JACKET
『ANALOG LIGHTING』MINNIE ニットセーター
『ANALOG LIGHTING』VINTAGE ARMY SWEAT (オリーブ)
『ANALOG LIGHTING』VINTAGE ARMY SWEAT (イエロー)
『ANALOG LIGHTING』クレリックシャツ
『ANALOG LIGHTING』SHIRTS DRESS
『ANALOG LIGHTING』ペイズリータンクドレス
『ANALOG LIGHTING』FLARE SKIRT
『ANALOG LIGHTING』チェックスラックス
一見可愛らしいアイテムばかりですが、女性がお洋服を選ばれる上で気にされる事がしっかりとカバーされています。
例えばJACKET類。袖が8〜9部袖と短めになっています。これは女性は手首が見えた方が手が美しく見えるという所から。
TOPSも首周りが広く作られており、こちらも鎖骨を見せてデコルテラインを美しく見せることや、首周りがすっきりとしていた方がなんだか華奢に見えますよね。。。笑
そんな事も含めながらオススメはミニーちゃんの目が描かれているニット。
やや薄手となりますが、タイトなアウターもすんなりと着る事が出来ます。
ミニーちゃんの目も随分前のミニーちゃんな気がしますが。。そこがまた可愛らしいです。
袖に付いているスェードパッチもなんだかダサ可愛い…♡
→ ANALOG LIGHTING
オンラインストアも続々と更新しております!ご覧下さいませ。
→ オンラインストア
明日も皆様のご来店お待ちしております。
Seltie 白澤

2013/09/21

『ASEEDONCLOUD』workpermit 08 ”kusoubin”

こんばんは、宮下です。
本日は商品もかなり入荷してまいりました
ASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)のご紹介を致します。
Seltieでのお取り扱いは今シーズンで3シーズン目。
毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得て、その生活の姿を背景にしてデザインに込めています。
物語性があり、架空の物語に入り込んだ様に錯覚するのはコンセプトとテーマに忠実にアイテムがつくられているから。
毎シーズンのテーマが本当に楽しみなブランドの一つです。
workpermit 08・8シーズン目となる’13A/Wのテーマは“kusoubin”
どこかの森で静かに暮らすポストマンの姿を描いています。
当たり前のように相手に手紙が届くことがどんなに不思議で大切なことか・・・。
あの日に届くはずだった手紙に思いを馳せ、心からの祈りを。
私たちの想い(手紙)が皆様に届く事を願いながら。
どこかの森で静かに暮らすポストマンのお部屋。
こちらのパンはそのとき実際に食べる事が出来ました。
(非常に美味しかったです!!)
無数に積み上げられた手紙達・・・。


こちらは実際に伺った展示会の時に僕が撮影したものです。

実際にいた人物のお部屋に行った様な感覚に陥る程、展示会のつくり方も凄いのです。

アイテムだけでなく、このような抜かり無い所も僕がASEEDONCLOUDを好きな理由の一つです。




本日オンラインストアに多数の商品をアップさせていただきました。


『ASEEDONCLOUD』winter coat
61,950円(税2,950円)
『ASEEDONCLOUD』layered shirt
29,400円(税1,400円)
『ASEEDONCLOUD』postman bag
28,350円(税1,350円)

『ASEEDONCLOUD』postman trouser
37,800円(税1,800円)



“kusoubin”に因んだアイテムの数々は「物語を着用する」かの様な心が温かくなるものばかり。

これから、下記の商品も入荷予定です。(他にもございます)
フードネックウォーマー
(ネイビーのみ)

プルオーバーパーカー
(2色ともに)
ASEEDONCLOUDをお買い上げ頂いた方はご存知かと思いますが、一つ一つの洋服には買っていただいた人々への感謝の思いから、その生活に花を届けたいという気持ちを込めて、様々な植物の種が添えられています。
ASEEDONCLOUDというブランド名は、デザイナーが子供のときに始めて創作した絵本の名前(くもにのったたね)から由来していますので、
「種」からも決してブレることのないコンセプトが垣間見れる様な気がします。
そして、デザイナーの 玉井 健太郎 氏は人柄も本当に素敵な方です。
持論ですが、”人柄が素敵な人はつくられる服も素晴らしい”は絶対に間違っていないと思います。
ASEEDONCLOUD、是非店頭にてご覧下さいませ。
→ ASEEDONCLOUD
Seltie 宮下

2013/08/30

『nanushka』お取り扱いSTART!!

今シーズンより新たにLadies’ブランドが仲間入りしました。


『nanushka(ナニューシュカ)』
デザイナー: Sandra Sandor

ハンガリー発のブランド。
nanushkaはデザイナーSandra Sandorの小さい頃のニックネーム。
“都会の遊牧民”をブランドテーマに毎シーズン遊び心溢れるコレクションを目指し、エレガンスと心地よさを兼ね備えたアイテムを制作している。    

コンセプトの通り、都会的なシャープさと遊牧民的などこか力の抜けた、良い野暮ったさ。

そんな相反する部分を組み合わせたアイテムは、どこにも属さない何とも言えない面白さを感じます。

かっこ良過ぎない、野暮った過ぎない、そんな魅力的なアイテムが揃います。

特に秋冬コレクションはニットがオススメです!


他にも色々と入荷してまいりますのでお楽しみに。
現在入荷中なのは、この2型。
本日オンラインストアに掲載致しましたので是非ご覧下さいませ。
今シーズンはLadies’アイテムも例年になく続々入荷してまいります。
オンラインストアには新作を多数更新しております。


皆様のご来店をお待ちしております。


Seltie 宮下

2013/07/10

COSMIC WONDER Light Source for Seltie からの。(長文)

先日より発売を致しました、

“COSMIC WONDER Light Source for Seltie” 

 五芒星プリントTシャツ 9,975円(税475円)

それを販売していって感じた事は決して誰もが知っているブランドではないということ。
僕たち(世代?)にとって、『COSMIC WONDER』といえば、日本の超有名ブランドだとすぐに頭をよぎりますが、時が経ち、今の若い世代の方達にとってみれば「???」っという感じなのも決して分からなくはないなぁと思いました。
それはWeb販売が主流になった今、店頭以外で『COSMIC WONDER』はこういうブランドなんだよねって伝えている方が少ないのも理由の一つだと思います。
逆に、調べればだいたいこういうブランドかなってのも分かりますが、せっかくなので今回の別注Tシャツの事、私の言葉も交えながらどういうブランドさんかをお伝えしたいと思います。(今までBLOGにてお伝えしていませんでしたので)

『COSMIC WONDER Light Source』
2007年よりコレクション発表開始。

COSMIC WONDER Light Sourceは、生活空間における光の作用を考えます。
さまざまな光のエレメントを研究し、それにより構成された洋服を制作します。
人のエーテルとアストラルを輝かせ、
美しい波動のフィールドを組織するプロダクツを試みます。
デザイナーは、前田征紀(Yukinori Maeda)氏。

前田征紀は1971年生まれ。 大学の建築科を卒業。


1999年に、現代美術製作や印刷物の出版を行うプロジェクトCOSMIC WONDER開始。


2000年から、パリ プレタポルテ・コレクションに参加


そして2007年よりスタートしたファッションプロジェクトが、
COSMIC WONDER Light Sourceとなります。


空間や光、宇宙がCOSMIC WONDER Light Sourceを説明する時には多用されますが、もともとメディアや媒体にデザイナー本人が載る事はほぼなく、お取り扱いをしている私達でも謎めいているように感じます。
こちら↓が、COSMIC WONDER Light Source苑4月号にて、大森伃佑子氏とお仕事をした際のテキストです。(画像を大きく表示しております。ご了承下さいませ。)



「COSMIC WONDER Light Source」のお取り扱いでございますが、「お取り扱いをしたい」っと思ってすぐにどうこう出来るブランドではございません。
基本的には1都市に1SHOPと決められており、長野県では当店Seltieのみのお取り扱いとなります。
また、Ladies’ライン・Men’sライン・アクセサリーライン・アウトドアラインであるAstral Plains(アストラル プレインズ)・オーガニックラインであるThe Solar Garden・ドローイングワークによるプロジェクトFolioに分かれており、 1つ1つに一定の条件がございます。
セレクトショップの一つの方法として、バイヤーの良いと思ったもののみをセレクトすることがありますが(1型だけを取り扱う等)、その方法よりも”世界観”が重用視されます。
ですので、ラインを揃える(当店ではLadies’・Men’s・アクセサリー・Astral Plains)だけでも正直簡単ではございません。
またこのようなブランドである為、今回のような別注アイテムの制作は非常に珍しいことでもあります。
ちょうど先日に、営業統括者様とこういうお話を致しました。
「実は今回、他にも何社様から別注の依頼がありました。大手の企業様もありましたが全てお断りしていました。デザインをもう一度考えて、といった依頼が成立したのはここ最近ではSeltieさんだけです。」


基準となるのは数量(生産数)となります。

どんな企業であろうとも、どんな企画であろうとも数量を少なくやりたいというのはよく分かりますが、結局、数が出来ないからやらないというショップや企業ばかりなのが現状です。。。(結局、情熱ややる気よりもお金(売上)が勝つという事)


基準となる生産数が必要なのは、工場や生地や服の制作に携わる全ての方達が”仕事”として成り立つから。
あるデザイナー様もこのことについて危惧されておりました。
一部引用させていただきます。
「日本の裁断、縫製業の衰退は甚だしく、それは賃金の良い仕事がないから。世界最高峰の技術を持った縫製工場の方が、どうしようもない会社に値段を叩かれ、安い賃金でほどほどの質の服を縫っているのが国内に散在している。
この技術の素晴らしさを経済に結びつけられなかったのは、もちろん工場、そしてブランド、売り場、皆の責任。
綺麗なものは世界に残すべきで、このままではいけない。」
この言葉に僕は感銘を受けました。(作り手ではない自分も真剣に考えていくべきだと)
そして、COSMIC WONDER Light Sourceも然り、上記のような考えをお持ちのブランドさんと一緒により深いお仕事がしたいと思うようになりました。
もちろん今までもそうしてまいりましたが、この想いは常に念頭におくようになりました。
お客様にはこういうことをお伝えしたことはありませんでしたが、服を愛する全ての方にそういう現状があることを知っていただきたいとも思います。
お金、お金、自分、自分と考えてきた大人達によって、素晴らしい技術が失われつつあり、それは今後、より悪化の方向に向かうかもしれません。
本当にたまにでも、そんなことを考えながら服を購入する事、服を着る事で何かが変わるかもしれません。
当店では”何か”を変えるため、「力」を持ち、皆様にご提案出来たらと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
長文失礼致しました!
Seltie 宮下

2013/07/08

『Jman』のお取り扱いとシューズ入荷!!

今シーズン(’13A/W)、めちゃくちゃ素敵なシューズに出会い興奮し、無理を言ってオーダーをさせていただきました。

ブランドは『Jman(ジェイ マン)』

今シーズン日本でデビュー(卒業コレクション)したマニラ出身のJohann Manas(ヨハン・マナス)氏がデザイナー。

以下、英文となりますがブランドプロフィールとデザイナープロフィールです。
(短い文章だったので是非ご自身で翻訳頂けたらと思います・・・)

入荷した商品はこちら。

シャークソールレザーブーツ(プロトタイプ) ¥68,250-(税込)
コットンジャガード生地や、パテント、カウレザーの組み合わせ。
ウッドと合成ゴムのシャークソールはやや重みがあり丈夫なつくり。
バックzip仕様で、踵にはウェットスーツ素材が。
ベロの裏側とインソールはジャガード素材張り。
足を入れた瞬間のフィット感と安定感、
そこに適度な重量感が加えられた納得の仕上がり。
元々こちらのシューズはコレクションには一切なかったのですが、デザイナーのヨハン氏が展示会中に履いているこちらを見て↓
(少しベロの内側のデザインが異なります)
「これがいい!」とお願いをして特別に制作していただきました。
と、いうわけで”プロトタイプ”と名前に付いているわけです。
恐らく当店(私)しかそんなわがまま言わないと思うので、当店のみの発売になっているかと思います。。。
ちなみに『Jman』はシューズのデザイン、クオリティが素晴らしく、シューズブランドとしてデビューしようか考えたくらいだったそうです。
またヨハン氏は、当店でもお取り扱いのある某Ladies’ブランドのデザイナーの○○さんの教え子(学校の)らしく、その方の支持もあってデビューされたそうです。
某Ladies’ブランドのデザイナー○○さんが支持をすること自体、滅多にないそうです。
それだけ素敵ということです。
プライスも当店にて抑えております。
本日オンラインストアにアップさせていただきます。
Men’s SHOES
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Seltie 宮下

カテゴリー ブランド紹介
2013/06/26

『cameo』『finders KEEPERS』お取り扱いSTART!!

本日は新たにお取り扱いを始めますインポートブランド2つをご紹介。

まずは『cameo(カメオ)

cameo:世界中のファッションコンシャスな女性から、注目を集めている人気急上昇中のオーストラリアのブランド。
2010年に新たに就任したデザイナーのKathryn Forthは、彼女自身のブティックでクリエイティブデザイナーやブランドマネージャーとしても活躍しており、それまでの経験が現在のcameoを作り上げています。
そして、もう1ブランド。
『finders KEEPERS(ファインダーズ キーパーズ)


finders KEEPERS:2009年にオーストラリアでスタートしたレディースウェアブランド。
トレンドカラーやスタイル、オリジナルプリント等をMIXさせた独自の世界観を打ち出しています。
オーストラリアやニュージーランド、アメリカ、イギリスを中心に拡大中。

ともに6月29日(土)より展開させていただきます。
この上記2ブランドは10月まで毎月まとめて入荷がございますので、より世界感を感じながら見ていただけると思います。
プライス帯は10000円〜20000円代と手に取りやすいですが、クオリティは抜群。
エッジィなデザインの効いたアイテムがお好きな女性の為のウェアです。
フォーマルシーンにもお使いいただけるアイテムもございます。
入荷次第、ONLINE STOREにも掲載させていただきます。
宜しくお願い申し上げます。
Seltie 宮下

2013/06/22

『多分絶対』お取り扱いSTART!!

以前より存じ上げていたのはもちろんのこと、去年の12月に大阪よりデザイナーのお二人が当店にお越し下さって(こちら)、そんな色々なご縁もありずっとチェックはしておりましたブランド、

『多分絶対』



『多分絶対(tabunzettai)』
アーティスト西尾勇斗氏
フォトグラファー藤原彩乃氏 によるデザインユニット。


<ブランドコンセプト>
僕はモグラ 蝶にだってなれるモグラ
正確には 蝶になりたいモグラでご猿
あ~ 下から見る景色はなんて美しいんだろうか
ここからみる景色を 角度をだいじに
【ここに】生まれしものが
【あれら】に【予感】や【気配】を与えるものであってほしい
このタイミングよりお取り扱いを始めさせていただきます。

僕が常に考えていることは「含むこと」
含むことで本当に言いたい事を少し隠す、恥ずかしいから隠す、相手に考えていただきたいから隠す、全てを正直に話しながらも含むこと、そんな天の邪鬼的な私の性格故、僕はこのブランド名とアイテムには抵抗がありました。
明解すぎると・・・・。
その抵抗は増々膨れ上がりました。

でも動向は頻繁にチェックしている自分。


どこかでタイミングを探っていたのかもしれませんし、それともその抵抗や拒否すら受け入れていきたい自分がいたのかもしれません。


天の邪鬼ならその天の邪鬼を受け入れる事の天の邪鬼。


そんな時にアーティストの西尾様よりお声掛けをいただき、お取り扱いをさせていただくこととなりました。



やはり素敵なものは素敵。可愛いものは素直に可愛い。それに尽きます。

そしてこのようなアイテムを真っ直ぐにお届けするお二人の姿勢とそれを象徴するかのようなお二人の性格

こんなユニットはなかなかいらっしゃらないと思っております。

今既存で扱っておりますブランド様との化学反応がとにかく楽しみであり、むしろ当店でしかあり得ない組み合わせが出来る事は間違いありません。

全力でご提案させていただきます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。






2013春夏テーマ 


「証明衝突」
コンセプト
”あなたとぶつかって気づいた私の存在。”
未発表作品 本日初公開
ワンピース『薔薇バラバラ ワンピース』¥22,800-(税込)


クラッチバッグ『まくらっち』¥8,100-(税込)


クラッチバッグ『チャンネルポーチ』¥7,800-(税込)

イヤリング『コルクイヤリング』¥3,200-(税込)
リング『コルクリング』¥3,200-(税込)


入荷は6月25日(火)予定となっております。
久々のこの感覚、非常に楽しみです。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


Seltie 宮下

2013/06/14

『G.V.G.V.』お取り扱いSTART!!

連日ですが、新しくお取り扱いを始めさせていただくブランドのご紹介です。

『G.V.G.V. (ジーヴィジーヴィ)』
デザイナー:MUG
桑沢デザイン研究所卒。1999年ブランド立ち上げ。
フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想し、毎シーズンコレクションとして発表。
現在最も注目される東京ブランドの1つ。
もはや説明不要でもあるブランドG.V.G.V. を’13A/Wよりお取り扱い開始させていただきます。
2年程前よりずっと『Rone(ロネ)』さんのほうで扱っておりましたが、’13A/Wより当店での展開となります。
実はまだ当店がOPENしてすぐ(2011年夏頃)、G.V.G.V. のお取り扱いをさせていただきたいとメーカーさんに打診を致しました。
しかしながらその時の当店は、男性もの:女性ものが9:1程だったこともあり(今思えばそれでお願いするのはどうかと思いますが)、長く続けていくのは難しいのではないか等の理由からそのお願いは叶うことなく時が過ぎていきました。
そして今年に入り、当店とメーカーさんとのお話し合いとタイミングがマッチし、お取り扱いが実現致しました。

2年越しでもあります為、本当に嬉しく思っております。

これも日頃よりお店に来て下さる女性の皆様、また通販をして下さっております女性のお客様のおかげでございます。誠にありがとうございます。



本日はファーストデリバリーということもあり、極わずかの入荷です。


当店ではコレクションアイテムも積極的にオーダーしており、お取り扱い初めですが多くの型数が入荷致します。

これからの入荷も是非ご期待下さいませ。


本日入荷分は近日中にオンラインストアにもアップさせていただきます。



知名度のあるブランド様ですが当店らしさは決して失わないセレクトをさせていただき、面白いご提案が出来たらと思っております。


今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


Seltie 宮下

2013/06/13

『David FranciS』お取り扱いSTART!!

新しくお取り扱いを始めさせていただくブランドのご紹介です。


『David FranciS(ディヴィッド・フランシス)』
デザイナー:藤野 究・鈴木 郁
2012年6月より日本にてDavid FranciSを設立。

ブランドの名前の由来は、藤野 究 氏が渡英し、田舎町をバックパッキングしている時に出会ったホームレスの男性の名前からきています。




まだ設立から1年くらいのブランドさんです。

つい数ヶ月前にデザイナーの藤野さんが当店にお越し下さりお取り扱いを決めさせていただきました。

そしてこちらは(現在)、付け襟のみのブランド。


・・・・ぶっちゃけますが、当店は付け襟が全然売れないのです。

でも何故そんな中、付け襟を展開するのか。。。

理由は商品を見ていただければ。


レーザーカットされたリバティプリントの生地をパズルのように重ね合わせ、チェーン、パールやスワロフスキーを施した付け襟。
トップスがシンプルであれば尚更、また華やかであっても決して負ける事のない存在感。
僕の中では”付け襟”と聞くと、どこか付属品・メインではなく・・・的なイメージがあったのですがこちらは完全に主役。
そして何より繊細で丁寧なお仕事ぶりがオーラを最大限に放つ理由。
生地をレーザーカットする以外、全て手作業(ハンドステッチ)。
細かな刺繍はまさに職人技。
価格は18900円〜27800円程度。
へたなアクセサリーを購入するより断然オススメでございます。
これからのパーティーシーンにも活躍致しますし、スウェットやTシャツだってすっごく上品で素敵になってしまうそんな一品です。
全国で購入できる店舗さんはまだわずかですので是非チェックしてみて下さい。
早速オンラインストアにもアップさせていただきます。
David FranciS


宜しくお願い申し上げます。
Seltie 宮下

カテゴリー ブランド紹介
2013/06/04

『ANALOG LIGHTING』お取り扱いSTART!!

’13秋冬シーズンよりお取り扱いを始めるブランドさんが到着致しましたのでご紹介致します。

『ANALOG LIGHTING (アナログ ライティング)』

デザイナー:山本 威史 (Takeshi Yamamoto)

1999年ブランド設立。日本のメンズ・レディースウェアブランド。

創業時はメンズウェアからスタート。

山本威史はブランド設立前、店舗内装の仕事をしており独学でファッションを学ぶ。

2001年、レディースコレクションをスタート。

2003A/W、ロンドンにてファッションショーを開催。

2007A/W、パリにてコレクションを発表。





長きにわたりコレクションを発表しているブランドさんでご存知の方も多いかと思います。

コレクションはずっと拝見しておりましたがなかなかお取り扱いをするタイミングが合わず、ようやく’13AW(PRE FALL)よりお取り扱いを始めさせていただきます。


ワークテイストやトラディショナルな要素を得意とし、ヴィンテージのTシャツ類の”主役”だけがいなくなった「Absence of hero(主役の不在)」といったシリーズや、
ヴィンテージウェアを新品でディティール・質感を忠実に再現する「RE-PRODUCE」シリーズ等、生地や質感にとことんこだわりながらもユニークなアイテムを発表しております。


当店ではMen’s・Ladies’ともにお取り扱いを始めさせていただきます。
本当に良いものと遊び心の分かる方にご提案するブランドです。



入荷第一弾となるのが、
’13 PRE FALL Ladies’「BACK STREET GIRLS」がテーマ。
ストリートで見かける女性達をテーマに、その女性達が好んで着用しているアイテムを再現しながら制作されたメンズライクなアイテム。
来シーズンにかけてMen’s・Ladies’ともに素敵なアイテムが並びますのでご期待下さいませ。


Seltie 宮下

2013/05/18

『Broga Vidar』(ブローガ ヴィダル)

今シーズンからお取り扱いを始めさせていただきましたが、ブランドのご紹介が出来ておりませんでしたのできちんとご紹介をさせていただきます。


『Broga Vidar』
(ブローガ ヴィダル)
2011春夏シーズンからスタートしたイギリスのシューズブランド。
1900年代の靴の木型を原型に現代にも対応した履き心地に修正、アメリカのワークテイストにヨーロッパのエレガントさを併せ持つデザイン。
デザイナーは、
当店でもお取り扱いのあるThe Old Curiosity Shop』デザイナーの木村 大太(Daita Kimura)氏と、
PARIS STUDIO BERCOTを卒業後『BLESS』のアシスタントデザイナーを経て独立した
菊谷 眞洋(Masahiro Kikutani)氏。

当初、木村 大太さんがデザイナーかぁと思って興味を持ち、展示会に伺ったら「この方見た事あるなぁ」という1人の御方が。。。
その方にお話をお聞きすると僕がずっと大好きなブランド『BLESS』のアシスタントデザイナーを経験していた菊谷さんだったわけです。
昔のコレクションのモデルさんとか見ると普通に菊谷さんいます(笑)
ちなみに来シーズンの商品にもいらっしゃったりとか・・・・(ちゃっかり撮ってある&こちら入荷します)



話が飛んでしまいましたが、今シーズン入荷のシューズは厳選2型。

Tassel Loafer (タッセルローファー) 33,600円(税1,600円)
タッセルは取り外しが可能で、TPOに合わせたり表情も変えられます。
穿いた時のフォルムも素敵です。
主張しすぎないタッセルのデザイン、
ゴールドのバックルやD管もアクセントになっています。
クオリティも高く、このプライスは最高です。

Dress Boots 44,100円(税2,100円)

ワークブーツのようなフォルムは、普段ドレスシューズを履かれない方にもオススメの出来るデザイン。
丸みのある爪先とさりげないチップのデザイン。
フィット感や穿き心地も◎。
どちらのシューズも普段スニーカーばかりって方に特にオススメです。
これからの季節に多いパーティーシーンや結婚式はもちろんのこと、お手持ちのお洋服(パンツ)にも合わせやすいフォルムは普段使いにもぴったり。
高級感のあるカーフレザー、履き心地にもこだわった1足にしてこのプライス。
最高です。
箱のデザインも素敵です。
サイズ感も分かりやすいので女性から男性へのプレゼントにも◎。
来シーズンも継続してお取り扱いしてまいります。
(次回はLadies’シューズも入荷致します。)
Ladies’ブランドの『ENFOLD』とのコラボレーションや、
来シーズンは当店お取り扱いの『HIRO』とのコラボレーションも!!
(画像お借りしました&こちらも11月頃入荷致します)
これからも大注目です!!


オンラインストアにはシューズの詳細もアップしております。

→ Broga Vidar


大変オススメのブランドさんですので、店頭にいらした際は是非お試しを。


Seltie 宮下

2012/12/15

『from fabricyarn(フロム ファブリックヤーン)』START!!!

いつの間にかこんな時間・・・
皆様起きていらっしゃいますでしょうか?(笑) 夜分遅くに失礼致します。



『nekomotion』即売会の展示を終え、明日からはまたガラッと違う雰囲気に模様替え。
明日から新しいブランド様のお取り扱い開始です!!!!




『from fabricyarn(フロム ファブリックヤーン)』
デザイナー:にしようこ
2008年、服飾専門学校を卒業した後、一点もののニット小物制作を中心に衣装制作や個展、ワークショップなどを行う。
2011年よりブランド名「from fabricyarn 」(フロム ファブリックヤーン)として、
「ひとにまつわることがらはつながりあっている」をコンセプトに布や毛糸を中心素材にジャンルを問わず活動中。
以前からブランドのお名前だけは聞いた事があったもののなかなか縁がなかったのですが、以前大変お世話になった方からの繋がりで、展示会に伺い、一目惚れ。
まだお取り扱い店舗は全国でも数少ないですが、温かく優しいニットの色合い、素材感、形がとにかく可愛い!
特に年齢を問わず”女性”にオススメしたいアイテムをたーくさん取り揃えました。
ちなみにアイテムは基本的に全てデザイナーの手作り。
どれもこれも本当に可愛い!!
こういうテイストのブランドはたくさんあるけれど、
ここまでグッときたのは初めてです。
アイテム事のご紹介は店頭もしくはオンラインストアにて。
特にこのXmas前にオススメしたいのが、こちら↓
メッセージボトル。¥1,575-

今在庫のあるもので、こちらは廃盤にするとのことで今ある在庫全部買い取らせていただきました(笑) 全30個。もちろん全て1点もの。
ボトル型。
上のコルクを抜くとお手紙が入っています。
こちらに大切な方へのメッセージを。
紙は一般的なモノなので、お渡しする方に合わせて変えても◎。
120円切手を貼ってポストに入れれば郵送も可能。
ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。
たーくさんあるのでお好きなものをお選び下さいませ!!
全てのアイテムをオンラインストアに近日アップ致しますので、是非お楽しみに。
<New Arrivals>
いやーそれにしたって可愛い。お店用にハネペン購入。
僕みたいな男性もテンションかなり上がります(笑)
テンション上がってこんな時間まで仕事しちゃったけど、明日の朝は選挙行かんと。
あぁ早起きしないと。。。
明日(今日)も皆様のご来店お待ちしております!!!
Seltie 宮下

2012/10/31

11/1(木)より『H2X by Ka na ta』発売!!

明日、11/1(木)より新しくお取り扱いの始まります『Ka na ta』の新作が店頭に並びます。

『Ka na ta(カナタ)』
デザイナー 加藤哲朗(かとう・てつろう)
早稲田大学在学中より服を独学にて作り始め現在に至る。
2007春夏コレクションよりブランドを立ち上げる。


Ka na taは、design for the bodyをコンセプトに”身体のため”の服を作っています。

Ka na ta はH2Xと呼ばれる、水=服を、作っています。

世の中にはいろんなブランドがあって、世界中で色んなコレクションが発表される中、

Ka na ta は 水 を作ろうとしています。

(詳しくはデザイナー加藤さんのBLOGの「水を作るということ。」で)


サイズ表記は、XM(eXtra Medium)→詳しくはこちらで
extra =  規格外の;特上の, 格別の
medium = 触媒、媒介するもの

のワンサイズ。




僕がKa na taを知ったのは数年前。

知ったというのは間違いで、”名前”を知ったのは。


時は流れ、僕はその”知った名前”を何も発展させないまま先日までに至ります。


僕は服屋でありながら、そして多くのブランドを扱っていながら、普段よりブランドさんのことは基本的に調べません。

売れているから、今話題だから、とかそういうのはあんまり興味はないし、お金お金言って商売もしていない。

お金が欲しけりゃ銀行さんから借りればいくらだってあるんです。




僕は出会いだったり、運命だったり、縁だったり、出会うべくしてみたいな雰囲気を優先してブランドさんを扱っております。

調べなくたって、縁があるってことはきっとそういうことだったりしますし。

もちろん全てがうまくいく訳ではありませんが。




そんなわけで大変失礼ながら僕はKa na taを一切知りません。。。

本日は月末でやることだらけですが、それは全て後にして(後で全てこなします)とにかくデザイナー加藤さんのBLOGを見まくりました。


もちろん全て直接本人に聞けば良い話なのですが、それはちょっと僕の意に反します。
(・・・かなり厄介な人間)


現在、Ka na taの皆様は長野県の○○町というところで生活をしています。
(それは何故か以前から知っていました)

これも何かの縁と信じたいです。



いつものごとく長くなってしまいました・・・明日発売の商品のご紹介です。


『H2X by Ka na ta』ワンピース サイズXM 3色ともに¥49,350-(税込) 

全16着限定。
今シーズンはこちらとまったく同じ商品の発表はなく、今回限りとなります。



『H2X by Ka na ta』ジャケットコート サイズXM 3色ともに¥67,200-(税込)

全20着限定。


以上、2型が11/1に全国5店舗で同時発売となります。

こちらより’12A/Wのスタートとなります。

書きました通り、生産数が非常に少ないです。





一足早くジャケットを羽織ってみました。

鏡の前で笑ってしまいました。久々の感覚。



“僕はKa na taを一切知りません。。。”




そんな人が着ても絶対に分かる感覚。




是非身体で感じて下さい。






近日中にオンラインストアにもアップさせていただきます。


Ka na ta



明日からがまたとっても楽しみです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



Seltie 宮下