seltie セルティ

ブログ
カテゴリー Information,Seltie NAGANO
2017/12/28

Seltie NAGANOは本日で年内の営業は終了です。

代表の宮下です。

本日で年内の仕事納めの方も多いと思います。

本日をもってSeltie NAGANO(長野店)の年内の営業は終了とさせていただきました。

明日がSeltie(松本)の最終営業日となります。(通常と同じく11:00〜20:00)

 

 

Seltie NAGANOの当初のオープン予定は7月6日で、11月9日にオープンしましたので丸4ヶ月間オープンが遅れてしまいました。

その影響で仕入れた商品の調整が効かずに相当大変な思いもしましたが(セールにしてしまう商品も増えました、、)、この長野の地で素晴らしい方々(gardenpartyの坂牧さん、THE DOTSの皆さん)と同じ建物内で仕事が出来ることを本当に嬉しく思います。

諦めずにとにかく理想の形を追い求めた結果の遅れでしたので、今となっては諦めなくて良かった・・・つくづくそう思います。

 

「実際長野市ってどうですか?」とよく聞かれます。

すごく忙しいわけではありませんし、かと言ってずっと誰も来ないわけではありません。

「これからです」それに尽きます。

 

Seltieを始めて7年目、来年の2月には8年目になります。

今までで一番身に付いたのは「我慢」と「精神力」です。

精神力においてはこの数年で圧倒的に身に付きました。

長野市と松本市は驚くほど人や環境が異なるので、今まで何度も行った催事にて長野市のお客様から「松本なら売れると思うけど〜」「松本ならね〜」「長野じゃね〜」と散々言われてきました。

それは自分自身が一番分かっていますし、長野市で今まで受け入れられてこなかったような商品が多いことも自負しています。

でも、だからこそ"やる価値がある"と。

 

今根付いている価値観や商品に合わせて違う土地から同じような商品展開で行ったほうが楽なのも手っ取り早いに決まっている。

僕がやりたいのはそんなことではなく、2年、3年と積み上げていった先の世界や価値観。

多くの方に受けてもらうというよりは1人のお客様との絶対な信頼で繋がった長い付き合い。

SeltieとSeltie NAGANOは今は同じ商品展開ですがこれから少しずつ変わっていくとも思います。長野の土地を考えながらも今までになかった価値観を提案し、芯が通っていても柔軟に考えながら、お客様とともに長く歩んでいく。

「それに一番適した人間は誰か?」

「自分だな」と。

 

2年、3年とどれだけ我慢出来るか。どれだけ精神的に辛くても信じていけるか。

すごく時間のかかるものです。(毎日の電車通勤も決して楽ではありませんし)

これも今松本にいる店長の宮澤、スタッフの山下がいるからこそ出来ることであり、自分のわがままでもあるとも思っています。本当に感謝です。いつもありがとう。

 

本気でまた一からやってみる。

それは2、3年後の未来に確信があるからこそ出来ることであり、本気で今扱っている洋服の力を信じているから出来ること。

そこに疑いは微塵もないし、諦めることなんて一瞬たりとも考えたことがない。

 

長野市の方はみーんな優しくて、本当にここの人たちが好きですし、この土地が好きです。

1日1日を大切に、1日も早く認知していただけるように、

この長野市の土地に小さくても"なくてはならない存在"に少しでも近づけるように、

様々な面で頑張ります。

 

2018年の初売りは、

Seltie(松本)が1月2日(火)から(通常の11:00〜20:00)

Seltie NAGANO(長野店)が1月3日(水)から(通常の12:00〜20:00) となります。

 

これからもSeltie NAGANOをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2017年も誠にありがとうございました。

 

→ ONLINE STORE (通販)

 

Seltie 宮下 慎司

 

(エントランスはgardenpartyの坂牧さんがお正月仕様に。いつもありがとうございます・・・!!)