seltie セルティ

ブログ
2018/08/26

『BANSAN(バンサン)』’18AWよりお取り扱いスタート!

代表の宮下です。

'18AWシーズンから新たにブランドのお取り扱いを開始致しました。

『BANSAN(バンサン)』:「日常の中の衣服理想郷」をコンセプトに2015年よりスタート。私とは何者なのか、何が好きなのか、早い流れの中を掻き分けるように、纏う人が自分だけの理想郷に出会えるような衣服を提案。

デザイナーは伴 真由子。

文化ファッション大学院大学を卒業、世界の民族の伝統文化やファッションに特化したブランドで企画担当。インドやタイ、各国の工場へ行き世界中のもの作りの現場に触れる。

 

2015年に自身のブランドとしてBANSANを立ち上げる。サザエさんのように長く続けていこうという気持ちを込めて、自らの名字(伴)からBANSANと名付ける。


 

以前から存じ上げておりましたがなかなかスケジュール的に展示会に伺うことも出来ず、その後2回お会いし商品を拝見してお取り扱いを始めさせていただくこととなりました。

 

ここ最近は数年前よりももっともっとお取り扱いに対して慎重になっており(お取り扱いをしたら末長く扱っていくというスタンスはオープン当時から変わっておりません)、お取り扱いまでに時間をかけています。

ただその分、レディースブランドだとここ最近は'17SSに『kotohayokozawa(コトハヨコザワ)』『THE Dallas(ザ ダラス)』のお取り扱いを決めましたが(リンク先はお取り扱い時のBlog)、共に現在ブランドも大きくなっております。

 

 

レディースブランドはメンズのブランドよりも数が多く、いただいた展示会のインビテーションやルックブック、ホームページをじっくり拝見しておりますが似たようなものばかり。

特に日本生産にこだわり、民族衣装をベースにヴィンテージ感をプラスしたようなブランドが最近山ほどあり、「売れそうだけど今だけ」と感じることが多いです、、、

 

 

「日常の中の衣服理想郷」をコンセプトにしている『BANSAN(バンサン)』は2015年よりスタート。

世界の民族の伝統文化やファッションに特化したブランドで企画担当をされていた経験から民族衣装のようなモノづくり(デザイン)が多いです。

お取り扱いを決めた理由は、可愛さと格好良さのバランス、クオリティの割に感じる値ごろ感、そして、サザエさんのように長く続けていこうという気持ちが込められたブランドネームです。笑

 

"サザエさん"を出せるか出せないかってものすごく重要だと思っており、こういうユニークさと信念が真っ直ぐなモノづくりに表れていると思っています。

実際に商品が届いた時びっくりしたのが、まず梱包から驚くほど丁寧で、本当に我が子を大事に届けたような、自ら作ったものへの愛が伝わってくる納品。

(写真がなくてすいません、、、)

「ブランドのコンセプトが上辺ではない」「商品に愛があるかないか」というものは数多あるブランドの中で戦っていける大きな武器になると信じており、これから先もきっと素敵なモノづくりをされていくだろうと確信しました。

 

微力ではありますがこれからも『BANSAN(バンサン)』を応援し続けてまいります。

これからが非常に楽しみです。

 

本日オンラインストアに商品を掲載しましたので是非ご覧下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します!

 

→ONLINE STORE (通販)

 

Seltie 宮下 慎司
(→ 宮下 慎司としてのBlogを始めました。商品紹介を一切しない個人的な活動をBlogにて書き綴ってまいります)

Seltie NAGANO (セルティ長野店) [2017年11月9日オープン/2018年4月から不定期営業]

〒380-0835 長野県長野市新田町1464

[Mail] nagano@seltie.com