seltie セルティ

ブログ
2020/06/09

本当にやりたいことをやるために、”時間”というものを味方にする。

代表の宮下です。

 

消費税増税、台風19号、そしてコロナウイルスと去年から今年にかけてお店の運営に影響のある出来事が立て続けに起きております。

その中であっても顧客様に支えられ、今も問題なく運営をさせていただいております。

それは本当にありがたいことであり、この顧客様とこれからもずっとという想いで今も営業しております。いつもありがとうございます。

 

ただ、ずっとモヤモヤしていることがありました。

 

 

そのモヤモヤの大きな原因の1つが、

「本当に欲しいという商品になかなか出会っていない」ということでした。

それは僕自身が欲しいということではなく、「顧客様が欲しいと思う商品」という意味。

 

 

当店も10年目になり、長いお客様ですと僕が以前に勤めていたお店から数えて10数年のお付き合いになります。

お好きな商品というのは熟知まではいかなくてもよく分かります。

何が気になっていて、どういうふうに着こなすのか、その方の好むサイズ感、服装の癖のようなものが言葉を交わさなくても分かります。

もちろん過去に購入いただいた全ての商品とその日付も残しております。

顧客様と10年歩むということはそういうことですし、これから20年、30年という想いも変わりません。

 

 

 

毎日お客様に洋服を販売し続け、

同時に僕も毎月沢山の服を買って、

(あっまた買ったのですが、、迷ってたけどやっぱり買い。笑 ↓)

 

『ohta』imo navy widepants
41,000円(税込45,100円)

 

 

もちろん家にも沢山の服があって、それでも欲しくなって、買って、着て、

顧客様も当然同じで、

その中で生まれる矛盾からNewTimeを開店しました。

 

 

それが今から5年前。

 

 

 

今時代的にも、流れ的にもこのようになっていますので、

新品のお店に当店のように古着(ブランドの古着)が並ぶのが一層当たり前にはなると思います。

(ヴィンテージミックスというのは元々ありましたが、新品のお店がそこで取り扱うブランド古着も一緒に置くというのはなかったかのように思います。これから増えると思います。)

 

 

 

話を戻し、

Seltieを開店し、NewTimeも始めて数年は冒頭のモヤモヤのようなものはなかったのですが、

それからも沢山の展示会に足を運び、大量のメールと招待状に目を通し、調べ、仕事の最中はもちろん、家にいる間もひたすらにブランドを探し、、、

それくらい服が好きで、顧客様に服を紹介したくて、

 

 

でも、

いよいよ顧客様に販売したい商品(ブランド)がなくなっていることにハッと気が付きました。

 

最近と言えば最近のことです。

 

 

もちろん商品が悪いとか、気に入るデザインがないとか、そういうことでは決してなく、(あります。だから買ってます!)

目の前にいらっしゃる顧客様が飛びつくような、感動するような、欲しくて欲しくて仕方ないような、僕はそういうことがしたいのだと。

原点はそこだったはず。

 

 

 

トレンドがどうだとか、今はこういうのが売れているとか、いやもちろんそれも大事なのですが、

顧客様が欲しいかどうか、他はどうでもいいのです。

他では売れているとか、今こういうのが流行っているというのが顧客様に響くものでなければ意味がない。

 

 

 

一番新しいものが一番かっこ良いとは思わないし、お金を出せば誰でも出来るようなスタイルにも興味がないし、

こうなればいっそのこと自分で作ってみるかとオリジナルでTシャツを作ってみたけど(1型だけ)やっぱり僕はデザイナーにはなれなかったし、

商品はある程度仕入れないといけない(本来は70%くらいがベストだけど100%仕入れないとお店が成り立たないとか)、

だけどそれが顧客様が心底求めている感じではないようなのはどこかで薄々感じており、

(こう見るとただの駄々っ子。笑)

そしてこのコロナ禍で、今までのアパレルの仕組みは崩壊寸前に。

 

 

 

 

そんな中、

先日NewTimeに出品がありました。

 

『HIRO』2004A/W 1点ものリメイクデニムパンツ
70,000円(税込77,000円)

 

 

どの商品も1日と残りませんでした。

 

お客様が「最高です!家宝です!買ってよかったです!」と自撮りした写真を送って下さって、本当に嬉しかった。

 

あー嬉しいな〜、僕は毎日毎日そういう気持ちでしかいたくないな〜と今もその余韻を残しています。

(Iくん、本当にありがとうございます)

 

 

Seltieでも1日と残らない商品があるけれど、

一番新しいものが一番売れるとは限らない。(売れるのもある)

 

 

時間が一番短い商品が新品であり、"ファッション"であるけれど、

古着のように誰かの手に渡ったものであっても、時間が経っても、

新品以上に感動を届けることが出来る。

そして時にはそれは元々付いていた定価を優に超える。(定価の4倍近い15万円で売れた実績もあります)

 

 

今感動を届けるために必要なことは"買えないもの"であるということ。

 

なぜなら、【今はなんでも手に入れることが出来るから】

 

 

 

自分がやりたいことをやるために少し前より動いております。

これからもやっていくことは変わりませんし、洋服も販売し続けます。

Seltieで新品、NewTimeで古着を販売していきます。見た目もなんら変わりません。

 

 

"時間"を味方にした自分にしか出来ないこと、

顧客様に響く本当のバイヤーであり続けること、

絶対に真似の出来ないことをやっていくこと、それで感動をお届けすること、

SeltieとNewTimeの両輪でそれを実現してまいります。

 

 

半年〜1年くらい時間は要しますが、またご紹介させていただきます!

 

 

久々にワクワクしているので長文になりました・・・。

まだお披露目していないので少し不安ですが、NewTimeを開店しようと決断した時と同じ心境なのできっと大丈夫・・・。

顧客様がワクワクされますように・・・。

 

それではこれからも両店舗ともに宜しくお願い致します!!

 

 

PS、ふと思い返すと、ここで書いていることが今からちょうど5年前なので少し「?」な箇所もありますが、この時の情熱はNewTimeを作って良かったと思う今に繋がっています。

 

 

→ONLINE STORE (通販)

 

→NewTime

 

※毎週木曜日定休・毎週日曜は18時閉店となります。詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

Seltie代表 宮下 慎司