seltie セルティ

ブログ
2021/05/21

16年前の雑誌を読んでも何も変わっちゃいない。

代表の宮下です。

本日もご来店、お買い上げいただきまして、誠にありがとうございます!🙇

 

 

久々にBlogらしいBlogを書きたいと思います。

 

ひょんなことから、僕が当時20歳だったときにボロボロになるまで読んで捨ててしまった本を買いなおしました。

アマゾンの中古で150円。笑

(下平さん、きっかけをありがとうございます!)

 

 

 

2005年のSTUDIO VOICE 。

 

今から16年前のもの。

 

 

僕が今36歳なのでちょうど20歳だった頃のもの。

 

ちょうど「お店を持ちたい」「服で生きていきたい」というのを本気で覚悟したのと同時に、

まだ服のことなんか全然分からなくて(それは昔のBlogに散々書いていますので控えますが)、

ただただ「かっこいいなぁ・・」「こういう生き方がしたいなぁ・・・」と思っていた頃。買ったことのない雑誌でしたが書店で一目惚れで書いました。

 

 

 

ぺらぺらぺらとめくると当時の記憶やボロボロになるまで読んだ様々な思いが駆け巡りましたが、16年経っても「あーかっこいいなぁ・・・」と、当時と同じように思うとは不思議なものです。

当時の夢であった服屋になっても何も変わっちゃいない。

 

 

 

そう考えると、当たり前ではあるけれど原点や好きなものは10年、20年経っても変わらないわけで、

今お取り扱いをさせていただいているブランド、服が何年経ってもずっと好きなのもそういうことでもあります。

 

もちろん環境の変化や年齢で着るものや身に纏うものは変わりますがそれもまぁ当たり前のこと。

大事なことは、いつまでもドキドキするような感覚。

いつ見ても素敵!と思う感覚。

 

 

 

店をやっていく者として「自分のすべきこと」「大切にしていきたいこと」というのをずっと考えてそれに向かって進んできましたが、

このコロナでそれに拍車がかかり、かなり近づいてまいりました。

 

 

ブランド数が減ったのも、

商品数が減ったのも、

売り上げよりも自分の大事だと思うことを優先した結果であり、

色々な代償はあってもそれで良かっただろうと思っています。

(これから思うこともきっとあります)

 

 

 

今も今までと変わらないようにブランドを探したり、こういう感じがお店にあったらどうかなとか、たまにオンラインで商談したりしていますが、一向にブランド数は増えません。。。笑

 

 

たまにお客様にもお伝えしていますが「そこそこ売れる」とか「まぁまぁ人気」的なものではなくって、

これから先も世界で戦えるブランドさんだったり、

人の人生変えてしまうようなものだったり、

デザイナーの狂ったような熱量や、

これから先もずっと価値として残っていくものにしか興味がありません。

 

 

ただその中でも誰もが出来る「セレクト」(テンプレ)にも一切興味がなく、自分にしか出来ないセレクト、先見性、価値の見出し方をしていく。それをご紹介していく。

 

 

もちろんと言いますか当然ですが、

やはりお客様に楽しんでいただいたり、喜んでいただいたり、「欲しい!」とお金を出していただけるようにしないと成り立たない。

(取り扱いをやむなくやめてしまったのはここにあります。。。)

 

 

 

そういう様々な思いを日々巡らせながらもお客様に支えられて今がありますのと、

今年は今までで一番良い業績で着地するであろうことは(まだ半年ありますが、、)きっとやってきたことは決して間違っていなかったということ。

本当に感謝でございます、、!

 

 

 

 

去年から今年にかけてBLESS (ブレス)の人気が再燃しておりますが、

このBLESSは20年間も同じものを作って販売しており、何年も前のものが今も売れております。

そこから学ぶことは多々あります。

 

 

 

BLESSも一時はパリコレに出て、商品も沢山作って沢山売れていました。

お金は増えたけど、多くの犠牲を払って、結局残るものが少なかった。

自分達のやり方を貫き、

大事にしてくれるショップ(顧客)との付き合いを大事にしていこうと。

 

そういう方向にシフトしていき、1点ものが増えたり、20年前の復刻があったり、たまに新作が出たりで今に至っています。

 

 

 

今からBLESSを取り扱うのは僕が10年前に取り扱いをはじめた時よりも難しく、取り扱い店舗を増やすことはほとんどしておらず、長く取り扱いをしているお店様がほとんど。

BLESSは新作がバンバン出るわけではないのでそんなに数は売れないかもしれない。

 

でもそのスタンスが一切変わらなかったらこそ今再燃しています。

(また落ち着くこともありますがそれでもお店側のスタンスも別に変わらない)

 

 

 

 

Seltieの方向性もここにあります。

 

一本の筋を通し、

いつ見てもドキドキするような、いつでも新しく見えるような、

何年経っても必要とされるような商品のセレクトや必要とされるお店としてのあり方。

 

もう今から増えることはないであろう(死語のような)"セレクトショップ"としての自負。

 

 

 

 

まだまだ11年目。

 

 

'21AWにかけていくつかの取り組みもありますのでまたご案内させていただきます!

 

 

ここ最近思ってやってきたことや、コロナ禍で様々なことが浮き彫りになった業界、16年前の雑誌を見て、何だか全てが繋がったので久々の長文でした。。

 

 

 

本日の動画も是非ご覧下さいませ!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seltie セルティ(@seltie_matsumoto)がシェアした投稿

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seltie セルティ(@seltie_matsumoto)がシェアした投稿

 

 

明日もご紹介をさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します!🙇‍♂️

 

 

ps、2015年に開店したNewTimeのリユースも方向性の一環です。素敵なものはいつ見たってやっぱり素敵。それは何年経とうが決して変わりません。

 

 

→ONLINE STORE (通販)

 

 

※毎週木曜定休・毎週日曜は18時閉店となります。2021年4月より毎週水曜日はご予約制です。

 

Seltie代表 宮下 慎司