seltie セルティ

ブログ
カテゴリー つぶやき,受注会
2013/11/18

『ohta』 ’14s/s collection 発表会(受注会)ご来場ありがとうございました。明日より通常営業です。


『ohta』

'14s/s collection 発表会(受注会)


"思料果樹園"


2013年11月16日(土)〜11月18日(月)の3日間


3日間ともに11:00〜20:00

会場/Seltie 
(〒390-0811 長野県松本市中央2-5-13 2F)


本日をもってを当店での発表会(受注会)は終了致しました。
ご来場いただきました多くの皆様、また受注して下さりました皆様、誠にありがとうございました。
本当に多くの受注もいただき、何よりお客様と共に僕たちスタッフもとても楽しい3日間を過ごさせていただきました。
本当に感謝でいっぱいでございます。
2010年11月頃、確か今からちょうど3年前。
OHTAという大きなパチンコ店のある駅(たまたま)が最寄りの駅。
そこで待ち合わせをして、デザイナーの太田さんに会い、当時のアトリエに伺い、大きな「絵」の制作をお願い致しました。
その時の風景はなぜだか鮮明に覚えています。
僕が独立したのが2011年1月、SeltieがOPENしたのが翌月の2月、2010年11月当時はまだ「Seltie」なんて名前があったわけではなくて、想像上の(頭の中にある)お店。
そこの壁にどうしても「絵」が欲しいと思いohta(太田)さんに依頼をしました。
今のお店の顔にもなっているこちら。
Seltieとohtaとのお付き合いはまずここから始まりました。
それから3年、
発表会(受注会)は僕が絶対にやりたいことの一つでした。
松本には僕が以前働かせてもらっていた「Rone」と当店の2店舗で「ohta」は取り扱っていた為、発表会(受注会)は出来ませんでした。
"発表会(受注会)をこの地でやる価値が絶対にある"と確信をしていた為、異例の2店舗での同時開催、またお互いにメリットのある方法等も常に考えていたくらいどうしてもそこにこだわっていました。

ただ、近くのお店で同じブランドを扱うこと、それをすることによってお客様を困らせる、悩ませる、不快な想いをさせることがどうしてもあるんではないかと懸念をし、デザイナーの太田さんにも「もうohtaを当店で扱うことはやめようとも思っています」と相談したこともありました。




そんなことを色々と経て、(皆様にはどうでも良いお話だと思いますが・・笑)、今回初めてこのように開催をさせていただきました。
もちろん結果は、     でございます。(書くまでもなく・・・)
デザイナーの太田さんは松本にいた際に何度も「常にやっぱり悔しい、もっともっと良いものをつくれるんではないかと思っている」と僕に話して下さいました。
僕は店の人間ですが、同じくその繰り返しを感じています。
たくさんのデザイナーさんの洋服を拝見し、実際に着用し、作り手の方とお話をする中で、僕が最近特に思っているのは伝わる「空気」
太田さんはいつも心地の良い「空気」を与えてくれていて、間違いなくそれは服からもこぼれ落ちていると思っています。
宗教臭いですが、やっぱり「人」がつくったものには息吹・生命が宿っていて、なんか空気ってあるんだと思います。それは画像や写真でも伝わる事すらあるくらい。
素で、偽りなく、本気で服と対峙している太田さんを僕は信じています。
時間はかかるかもしれないけれど、きっと、もっともっと昇っていくんだと思います。
僕も、Seltieも、共に成長できたらと思います。
明日から、また初心に返り、通常営業をさせていただきます。
尚、『ohta』'14S/Sの店頭に並ぶ商品は今シーズン同様、多数取り揃えております。
受注会にお越しいただけなかった方、またオンラインストアをご利用いただいている方にもきっとご満足していただけるラインナップになっているかと思いますので、是非ご期待いただけたらと思います。
明日からもまた宜しくお願い申し上げます。
Seltie 宮下